ここ掘れわんわん。(予想屋稼業、始めました)

競馬は確率です。いや、統計学です。簡単に言うと1番人気は6割打者です。デムーロ氏ルメール氏は4割打者です(16/17現在)。そして実は馬にも4割打者がいるのです。わたしの予想は◎を打つだけです。なぜなら基本総流しですから。◎を決めるのに労力を費やし過ぎて、ヒモを考える体力がありません。悪しからず(笑)

2017年 6/4 安田記念

#サトノアラジン

 

タイム指数は大混戦。血統的には、やはりディープ産駒か。

 

先週のダービーは、藤沢先生の執念とキンカメの底力に感服。50頭に種付け制限した世代の中からダービー馬出すとはお見事でした。

さて今週はマイルに替わってキンカメ産駒は2頭、ディープ産駒は5頭の参戦。懲りずに今一度ディープ産駒から選ぶ。成績表だけ見るとステファノス、血統表だけ見るとサトノアラジンとなる。グレーターロンドンだって未知の魅力たっぷりだし、アンビシャスもキタサンブラックに土をつけている。

要するにどこからでも買える感じで勝負レースには向いてない。ただ、人気どころイスラボニータエアスピネルらが優等生タイプなのが気に入らない。いつも頑張るタイプが人気の時こそ、気まぐれタイプや不良タイプを買いたくなる。現在、3戦連続1番人気を裏切り中のサトノアラジンが人気急降下で逆に狙い目とみた。