ここ掘れわんわん。(予想屋稼業、始めました)

競馬は確率です。いや、統計学です。簡単に言うと1番人気は6割打者です。デムーロ氏ルメール氏は4割打者です(16/17現在)。そして実は馬にも4割打者がいるのです。わたしの予想は◎を打つだけです。なぜなら基本総流しですから。◎を決めるのに労力を費やし過ぎて、ヒモを考える体力がありません。悪しからず(笑)

ご挨拶。

 

ダービーに始まりダービーに終わる。

 

競馬の1年は、元旦ではなくダービーの翌週から始まる。

 

その観点からすれば今このブログを始めるのは、ちとフライング気味というもの。

 

まあでも、思い立ったが吉日。残りの人生、好きなことして生きていくんだい。

 

皐月賞も終わりダービーまで1カ月も切り、競馬界の2016年度も終わろうとしているこの時期なので、

 

2017年度に向けてのお試し期間となってちょうどいいでしょう。

 

予想の基本は血統とタイム指数。

 

そもそも競馬とは、速くて強い馬を作るため、改良を重ねてきたブラッドスポーツ。

 

突き詰めたらここにたどり着いた。

 

血統とタイム指数という違ったアプローチから馬券に絡む馬を導き出すので、当然2頭以上出現するわけで、

 

よって◎が2頭いたりもするのです。へんでしょ。

 

でもそれで良いのです。

 

全レース的中が目標ですので。

 

回収率重視の予想をして、当たらない期間が続いたりすると、僕のようなノミの心臓の人間はすぐ心が折れてしまいます。

 

とは言え、儲からないなら買わないほうがいい。

 

そのジレンマとの闘いに終止符を打ったのが、毎週ちょっと勝って競馬を末長く続けること。

 

だって予想する愉しみと的中した喜びを、末長く味わいたいじゃあありませんか。

 

てなわけで、個人的な馬券は基本◎からワイドで総流ししてます。

 

それでもなんとかなってます。すごいでしょ。

 

総流しの理由は、自分の予想では一生ピックアップ出来ない馬がいまだに突っ込んでくるという事実。

 

タテ目とか抜け目がこの世で最も恨めしいものだと思ってますので。

 

よって配当とのバランスを保つため全レース打ったりしません。

 

14頭以上のレースしかやりませんし、堅そうだったら予想しません。

 

仕事もあるし他のイベントもあるので、競馬に参加出来ない日すらあります。

 

悪しからず。

 

あと、先に言っときますがG1とか苦手です。

 

馬もG1レベルまでくると、血統とかの問題じゃなく強いものは強いってなることが多いので。

 

悪しからず。

 

◎の信頼度は、40%位ですが、このブログを続けることで自ずと答えは出ますね。